コンテンツへスキップ →

駄菓子屋の楽しみ方(How to enjoy a dagashiya[candy store])

日本の子どもたちはどのようにして駄菓子屋で楽しんでいるのでしょう。
日頃私たちが見ている風景をご紹介します。
How do Japanese children enjoy themselves at candy stores? I will introduce the scenery that we see everyday.

1.限られたお小遣いで買い物をする。
1か月にもらえるお小遣いが決まっている子はその範囲内で買い物をすることを楽しんでいるようです。限られたお金の中で自分の好きな駄菓子を買うもよし、新しい駄菓子を試してみるもよし。
1. Go shopping with your limited pocket money.
It seems that children who have a fixed amount of pocket money to receive in a month enjoy shopping within that range. With limited money, you can buy your favorite sweets or try new sweets.

2.決まったお金で買い物をする。
遠足のおやつには150円までなどと予算が決められていることがあります。
その範囲の中で自分の好きなおやつを買う楽しみがあります。
また、親子で来店される方の中には、親御さんは子どもに予算を伝えて自分で計算させて駄菓子を買わせる方もいます。
2. Shopping with fixed money.
There are times when the budget for excursion snacks is up to 150 yen. You will have the pleasure of buying your favorite snacks within that range. Also, some of the parents who come to the store with their parents tell their children the budget and let them calculate it themselves and buy cheap sweets.

3.いっぱい買う。
おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に来た時や特別な日など予算が特に決まっていないときがあります。その時に子どもたちは自分の好きなお菓子や気になるお菓子をたくさん買ってもらうことができます。
3. Buy a lot.
There are times when we don’t have a specific budget, such as when we come with grandpa or grandma, or for special occasions. At that time, children can buy a lot of their favorite sweets and sweets that they care about.

4.金券付きの駄菓子を買う。
お小遣いが少ない時に買うのが金券当たり付きの駄菓子です。10円から買えて運が良ければ100円の金券があたることもあります。
子どもたちは一発逆転を狙ってこの金券付き駄菓子を買うのです。
中には、当たった金券を使ってさらに金券付き駄菓子を買うギャンブラーもいます。
4. Buy candy with cash vouchers.
When you don’t have a lot of pocket money, you buy candy that comes with a cash voucher. You can buy it from 10 yen and if you are lucky, you may win a 100 yen coupon. Children buy this candy with a cash voucher aiming for a one-shot reversal. Some gamblers use the cash vouchers they win to buy more candy with cash vouchers.

当店駄菓子屋シャインでは500種類超の駄菓子・お菓子を取り扱っております。子どもたちは迷ってしまいますが、その中から自分のお気に入りの駄菓子を見つけて日々楽しんでいます。
Dagashiya Shine offers more than 500 kinds of candy and sweets. Children get lost, but they find their favorite candy among them and enjoy it every day.